太陽光発電メンテナンス

soler-2

メンテナンスが必要となる背景


2012年7月に固定価格買い取り制度が制定されて以来、太陽光発電設備は全国に急速に増加しました。
特に20年間安定した収益が見込めることから産業用と呼ばれる大型の太陽光発電設備は政策の追い風にも
乗って爆発的に増えたのですが、その反面導入が進み過ぎたことで地域によっては新規の設備建設が難しくなっています。

従来「メンテナンスフリー」と言われ導入が進んだものの、実際には5、6年が経過すると何らかの不具合が生じることも徐々に明らかになっています。

img_maintenance02

こうした背景から、設置された太陽光システムには引き続きメンテナンス等の既存設備向けのサービスが必要となってきました。
弊社では【一般社団法人 太陽光発電安全保安協会】で技能を取得した資格者(太陽光発電メンテナンス技士)
が専用の検査機器を用い、急速に増えた需要に対し、高度なメンテナンス技術で対応します。

一般社団法人 太陽光発電保安協会のHPバナー7

不具合事例 
モジュールパネル 汚れモジュールパネル 劣化モジュールパネル 鳥のフン
モジュール汚れ花粉や黄砂等の汚れが蓄積されていきますひび割れ経年劣化でひび割れが発生することもモジュール鳥のフン
パワコンパワコン配線不良
img_maintenance_case04経年劣化により、サビ・腐食等が発生し、
故障の原因となる
img_maintenance_case05落雷などで停止することがあります配線劣化ケーブルの接続がはずれ一方の端子が地面に
架台の緩み画像雑草雑草
架台の緩み画像架台のゆがみや破損により太陽光を
取り込めないケースがあります
雑草4雑草がモジュールを遮り、発電量の
低下につながります
雑草9野立て設備は雑草との戦いです。
パネルの劣化

施工事例 
モジュール検査モジュールセル焦げ付きI-V特性測定器

ストリングを構成する太陽電池モジュールの配置・故障特定が可能

ストリングを構成する太陽電池モジュールの配置・故障特定が可能
IV測定1住宅用から産業用、太陽電池モジュールのストリングの異常を検知、電圧が計画通り発生しているか検知可能
保守点検業務架台点検モジュール洗浄

目視や検査機器による点検
目視点検 架台架台の変形や損傷の確認モジュール洗浄2表面汚れを洗い流し、発電量を回復させる。
草刈り押さえ金具 以上のような作業項目の中からお客様の
 ご要望に応じ作業メニューを計画し実施
 してまいります。
雑草9
メンテナンスでもっともご用命の多い作業
目視点検 抑え金具
モジュールの押さえ金具